マナーは思いやりの心

おはようございます。
株式会社羽島企画トータルケアMama’s社長の宇野恵利子です。


毎月おこなっている社内研修「ママーズ研究会」。

4月は毎年『接遇』をテーマに勉強をしています。

e0367340_15272327.jpg

『接遇』とは?

は、まじわる・ちかづく
は、もてなす

つまり、
おもてなしの心で人と接すること。



年度はじめの研修で
接遇を勉強するのには意味があります。

それは、
私が最も大切にしたいことだから。


介護に携わる上で、知識や技術的なスキルが求められるのは当然のことです。

しかし、それ以上に大切なのが、

ご利用者様やそのご家族様に寄り添う
思いやりの気持ち。

その気持ちが伝わってこそ、
我々に安心して任せていただけるのだと思っています。


その気持ちを表現する技術として身につけたいのがマナーのスキル。

・あいさつ
・笑顔
・お辞儀
・姿勢
・態度
・話し方

研修会では、
思いやりの気持ち、やさしさを表現するマナーとはどのようなものか
実践を交えながら学びました。

e0367340_15275870.jpg
例えば、こちら。

「語先後礼」といって
言葉を発した後にお辞儀をする練習をしているところです。

相手の顔を見てあいさつをし、その後で頭を下げる。

少しコツで、与える印象が違ってくるのですね。


介護は、お互いの信頼関係がなくては成り立ちません。
職員が思いやりの気持ちをもって接することで
ご利用者様に安心していただき、
心からの満足を感じていただきたいと願っております。




さて、手前味噌ではありますが、
この日の研修は、私の娘が講師を務めました。
娘は、マナー講師や司会業をしており、
我が社の接遇研修の際には講師を依頼しています。

我が社を支えてくれている一人。
とても頼りにしています。


ちなみに、
娘は来月第2子が誕生予定です。
大きなお腹でがんばってくれました。
ありがとう。
おばあちゃまは元気な7人目の孫に会えるのが楽しみです。

[PR]
by eriko-uno | 2017-04-26 09:00 | 株式会社羽島企画


岐阜県羽島市・岐阜市で高齢者福祉施設から英語保育のスクールまで幅広い事業を運営する株式会社羽島企画の社長 宇野恵利子のブログです。起業や女性の働き方についてお話しようと思います。


by eriko-uno

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

メモ帳

株式会社羽島企画
トータルケアMama's

~寄り添う介護、思いやりをカタチに・・・~

ママーズキッズアカデミー
~0歳から英語で楽しく五感保育~

カテゴリ

全体
ごあいさつ
自己紹介
私の思い
株式会社羽島企画
エクセレント企業
ママーズキッズアカデミー
イベントのお知らせ
起業について
子育て・孫育て
講演実績

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
more...

ブログジャンル

社長・経営者
介護